• 木田 厚瑞 医師

No.36 持病、基礎疾患に注意

2020年2月17日


新型コロナウィルス肺炎は、感染ルートが必ずしも特定できない状態で、各地に散発し始めています。

感染により重症化する患者さんは一部に過ぎないと報道されていますが、高齢者と「持病」、「基礎疾患」がある人ではリスクが高い、と注意が喚起されています。

持病、基礎疾患とはどのような病気を指すのか、どのような環境で起こるのか。

これらは、生活環境の貧しさと深く関わっていることも知られています。ここでは、最近、英国から報告された論文[1]を紹介します。




Q. 研究の目的と方法?


医療保険や設備が整った先進国である英国でも社会的な地位が死亡率の高さに影響することが知られているが、その詳しい理由は不明である。

この研究では、教育を受けた長さ、職業上の地位、リテラシー(ここでは医学的な情報の知識、理解力)が「持病」、「基礎疾患」と言われる慢性疾患の発症に関わるかどうかを調査研究した。


英国在住の一般市民で35歳以上の人たち、10,308人を対象とし、2002年から2015年まで定期的に4回、慢性疾患の発症、体調不良の状態(frailty)、身体障害の有無を調べた。その人たちが50歳に達した時点での調査結果に関わる原因を調べた。


ここでいう慢性疾患とは以下の疾患を含む:糖尿病、冠動脈疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患;肺気腫、慢性気管支炎)、うつ病、癌、認知症、パーキンソン病。




Q.調査結果は以下の通り。


全体の調査対象者のうち、50歳に達した時点での調査が可能であった6,425人の結果を解析した。多くの一般市民を23.6年間にわたり追跡調査したという研究の特徴がある。


約24年間に全体の26.4%に何らかの慢性疾患が発症した。

体調不良の状態(frailty)は、27.6%, 何らかの身体障害は10.8%にみられ、9.5%が死亡していた。

死亡率を高くするリスクでは、慢性疾患ありは4.12倍、体調不良の状態では2.38倍、身体障害ありでは1.73倍であった。慢性疾患があれば死亡率は高くなる。

注目すべきは、職業上での地位が健康を害し慢性疾患の発症に一番、大きく関わっていたことである。この理由は、それまで受けてきた教育、その地位でのサラリーなどが健康に関わることを深く示唆する。


会性・経済性は慢性疾患の発症、フレイルおよび障害発症の高さの全てに関係していたが死亡率の高さには無関係だった。なお、癌の発症は社会性・経済性や職業のどれにも関係していなかった。

社会的な格差は、慢性疾患の発症に関係するが、発症してからの予後には関係がなかった。

これは医療を均等に受けているからであろう。




Q.この調査結果から学ぶこと。


慢性疾患を発症させず長命となるには、発症する前の自己管理(セルフマネジメント)が重要であろうと著者たちは推論している。すなわち、50歳前の健康管理が大切であるということである。




慢性疾患は多彩であり、どれもが高齢化と深く関係しています。しかも障害やフレイルを起こしやすく、冬季では特に肺炎を起こすことが多くなります。慢性疾患のなかでもCOPDは適切な診断、治療が行われておらず、インフルエンザの罹患は増悪を起こす重要な原因の一つとして知られています。新型コロナウィルス肺炎の死亡者の中にCOPDが多いのではないかと推測されます。

新型コロナウィルス肺炎は、既に知られているインフルエンザ以上の危険となる可能性が高いので持病としてのCOPDは適切な診断、治療が必要です。自己管理が大切ですが、まずCOPDを正確に理解することが大切です。




参考文献:


1. Dugravot A et al. Social inequalities in multimorbidity, frailty, disability,

and transitions to mortality: a 24-year follow-up of the Whitehall II cohort study

Lancet Public Health 2019 Published Online, December 11, 2019

https://doi.org/10.1016/S2468-2667(19)30226-9


※無断転載禁止

303回の閲覧

最新記事

すべて表示

No.119 フレイルを起こすCOPD

2020年11月17日 高齢になって自分のことが自分でできなくなる、寝たきりになる。私は高齢者の方をたくさん診ていますが、どの人もそのような状態になるのが一番、怖いといいます。 「フレイル」は、英語の「Frailty」が語源となっている和製英語です。「虚弱」や「老衰」、「脆弱」などを意味します。多くは、フレイルを経て要介護状態へ進むと考えられていますが、高齢患者が多いCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で

No.117 肺炎球菌ワクチンとは何か?

2020年11月4日 抗生物質が利用できない時代、肺炎は高齢者だけでなく若い人であっても深刻な病気でした。オー・ヘンリー(1862-1910年)の短編、「最後の一葉」は、芸術家が集まる古びたアパートで暮す老人と若い女性が肺炎に罹患し、若い女性は助かるが高齢の画家が、冷たい雨に打たれたあと、わずか2日後に死亡するという物語です。抗⽣物質投与前の時代には、肺炎球菌が肺炎の症例の75%以上を占めていたの

臨床呼吸器疾患研究所

呼吸ケアクリニック東京

​〒104-0031 東京都中央区京橋1-12-5京橋YSビル1階

​​☎ 03-6263-2143