• 木田 厚瑞 医師

No.44 呼吸器疾患がある人は新型コロナウィルス感染にどのような注意をすべきか?

2020年3月23日


新型コロナウィルス感染(COVID-19)による犠牲者はイタリア、スペイン、ドイツ、フランスなど欧州を中心に増え続けています。欧州呼吸器学会(ERS)では呼吸器疾患で治療を受けている患者さんがCOVID-19について疑問に思っている質問をネットで受けつけ回答しています。


回答しているのは欧州呼吸器学会の感染症部会会長で欧州呼吸器学会雑誌の副編集長Dr. James Chalmers (スコットランドにあるDundee大学教授)です。

ここではその一部を紹介します。




Q.呼吸器疾患がある人への全般的な注意点


  • 体調が悪化し、病院以外の場所で自己隔離する必要がある場合に備え、数週間は家に十分な物資があることを確認してください。ここでいう物資とは、食料品、医薬品、家庭用品のことです。

  • 屋内、屋外で、新型コロナウィルス肺炎に罹患している人に近づくことや、訪問することは止めて下さい。

  • 人混みや大規模な集会は避けてください。

  • クルーズ旅行や重要でない航空機による旅行は止めてください。

  • 手指は定時的に温水と石鹸で20秒間、洗うよう衛生を実践してください。

  • 洗っていない汚染された手で口、鼻、目には触れないでください。

  • 定期的に行っている呼吸器の病気の治療はきちんと継続しましょう。

  • あなたの地域でCOVID-19の危険リスクが高い場合は、外出を避けできるだけ家にいてください。


手指は定時的に温水と石鹸で20秒間、洗う、と具体的な手洗い方法を指示しています。

手を洗う前に汚染された手で、口、鼻、目など粘膜に触るとウィルスを擦りこんでしまう危険があります。

ふだん行っている呼吸器の病気の治療はきちんと継続するよう呼びかけています。

以下は具体的な質問項目と回答です。




Q.私には呼吸器疾患があります。呼吸器疾患がない人よりもCOVID-19にかかりやすいですか?


いいえ。感染リスクは誰も同じです。しかし、呼吸器の基礎疾患がある人は、ない人よりも感染症の症状が現れやすく、より重症のCOVID-19になる可能性があります。

これまでのところ、COVID-19を発症するほとんどの人は軽症のウイルス性感染症ですが、中には細菌による呼吸器感染症や肺炎を併発する人がいます。

COVID-19による感染後にすでに基礎の呼吸器疾患のある人が呼吸器感染症を発症しやすいかどうか、はまだわかりませんがインフルエンザのような他のウイルス感染では肺炎を発症しやすいことが判明しています。




Q.呼吸器の基礎疾患がありますがCOVID-19になるリスクを下げるためにとるべき対策はありますか?


あなたの国の保健当局(注:わが国では厚労省)からのアドバイスに従ってください。これは、症例数に応じて、各国で対応が異なります。

感染リスクを低下させるために全ての人が守るべきことがあります。特に、基礎疾患に呼吸器疾患がある場合、以下のことが重要です。


  • 感染している人との接触を避けてください。感染している人の友人や親戚にもあなたを訪ねないように頼み、感染している人に出会ったら少なくとも2メートルの距離を保つようにして下さい。

  • やむを得ない場合を除き、汚染された手で口、鼻、目に触れないでください。

  • 汚染されている可能性のある表面に触れた後は、手をよく洗ってください。温水と石鹸で20秒間、手を洗ってください。

  • 基礎の呼吸器疾患を可能な限り健康に保つために、指示されている定期的な薬をすべてきちんと服薬し、通常の治療法が不足とならないようにしてください。特に吸入薬は重要です。




Q.ウイルス感染を避けるために、自己隔離した生活を検討する必要がありますか?


自己隔離とは、できるだけ屋内にとどまり、他の人との接触を避けることです。現時点では、自主隔離に関するアドバイスは国によって異なりますが、以下は賢明な手順としてヨーロッパのすべての国に適用されています。


  • 発熱、咳、または呼吸器感染の症状がある場合は、自己隔離する必要があります。これはCOVID-19を他の人たちに感染させるリスクがあるからです。

  • 症状がない場合は、たとえ「軽い風邪をひいただけ」であっても、病気の人との接触を避けてください。

  • 可能であれば自宅で仕事をするなど、できるだけ屋内にいてください。

  • 多数のCOVID-19症例がある地域にいる場合は、より厳密な隔離を行うように求められる場合があります(現時点でのイタリア北部の場合など)。




Q.混雑した場所を避ければ、屋外でも安全ですか。たとえば、公園に行ったり、外を歩いたりできますか?


はい。ウイルスは感染した人から感染するので、自分だけで外出しても問題はありません。重要なことは、感染しそうな人との接触を避けることです。ヨーロッパ周辺では多数の人々が集まる外のイベントはキャンセルされているため、多数の人々が集まるイベントや会議には出席しないでください。




Q.呼吸器疾患のある人は、そうでない人よりもCOVID-19で死亡する可能性が高いですか?


これまでのところ、高齢者と呼吸器疾患を含む基礎疾患がある人では死亡のリスクは高値でした。しかし、基礎に呼吸器疾患を持つ人であっても、ほとんどが軽度のCOVID-19感染にとどまっています。これらの人でも完全に回復したことを知っておくことが重要です。




Q.ウイルスから身を守るためにマスクを着用する必要がありますか?


  • 咳や発熱などの症状がある場合、またはこれらの症状のある人の世話をしている場合にのみ、マスクを着用することが推奨されます。


注)無症状で元気な人は、マスクは不要だと述べています。ただし、満員電車や雑踏の中を行き来する場合にはマスクをしておくことが必要かも知れません。


  • 呼吸器疾患がある場合にマスクを着用すると呼吸が困難になる可能性があるため推奨されません。呼吸器疾患があり、COVID-19の感染に不安がある場合は、医師に相談してください。

  • マスクの不足を防ぐために、必要な場合にのみ使用することが重要です。マスクを着用するときは、正しい方法で使用および廃棄することが重要です。




Q.ペットからCOVID-19が感染することがありますか?


現在、人が猫や犬などの一般的な家畜から感染するという証拠はありません。




Q.COVID-19に複数回、感染することがありますか?


現在の研究では、最初の感染後にCOVID-19に対する免疫ができるため、再び感染することはないと云われています。ただし、インフルエンザや風邪などのウイルスの例がありますが、ウイルスは時間の経過とともに変化することがあるため、複数回、検出されることがあります。COVID-19でこれがあてはまるかどうかはしばらく観察を続ける必要があります。




Q.私はずっと以前から、時々乾いた咳が出るし、発熱があります。これらの症状をCOVID-19の症状と区別する方法はありますか?


いいえ。COVID-19の症状について特有なものはありません。このため、PCR検査を受けたほとんどの人が陰性と判断されています。その人たちの咳と発熱は、実際には他の何らかの原因によって引き起こされている可能性があります。

ただし、あなたにCOVID-19疑わせるような咳や発熱があり、新たに治療が必要と思えるほど体調がよくない場合には、症状が治まるまで自宅で自己隔離する必要があります。あるいは現在の担当医に電話で連絡して指示を求めて下さい。




Q.病気のため、病院を受診すると感染が心配になります。COVID-19にかかるリスクを減らすために病院の受診をやめるべきですか?


COVID-19の患者が増加するため、ヨーロッパ中の病院は今後、数か月間は非常に混雑する可能性があります。自宅で管理でき、病院での治療を必要としない場合は、病院に行かないようあらゆる努力をしてください。可能な限り、地域の薬局や電話サービスなどの代替サービスを使用して下さい。

そうすることによって、病院は、本当に治療を必要とする人が利用でき、また、受診によりCOVID-19感染が起ることを避けるために非常に厳しい衛生対策を実践することができるようになります。




Q.近所の人が庭でたばこを吸うことが多く、窓が開いていると煙が私の家に入りこみます。COVID-19は、吐き出された煙を介して感染しますか?


COVID-19が煙を介して感染するという証拠はありませんが、受動的喫煙は、呼吸器疾患のある人々にとって有害となる可能性があります。隣人が喫煙している場合は、窓を閉めた方が良いかもしれません。




【現在、呼吸器疾患の治療中の人たちへの助言】


Q.COVID-19の割合が高い場所で製造された医薬品が感染するリスクはありますか?


いいえ。医薬品は、非常に厳密に管理された衛生基準に従って製造されています。

これらのシステムが何らかの理由で故障したとしても、ウイルスは段ボール(薬のパックの場合)やプラスチック(吸入器のようなデバイスの場合)のような表面で長期間、生存することはできません。したがって、薬が問題のある国から薬局に出荷されてあなたに与えられるまでに、ウイルスは死んでいます。




Q.呼吸器の病気がありますがCOVID-19から身を守るために、通常、使っている薬の量を増やすことはできますか?


COVID-19のパンデミックが進行中は、治療を変更しないことが非常に重要です。治療は肺をできるだけ健康状態に保つのに役立っています。主治医が指示していない治療に変更すると、肺の状態が悪化したり、元の病気が再発するリスクが高くなる可能性があります。多くの国の医療の体制は、今後、数か月間はCOVID-19の対応に追われてそれ以外の病気の診療が難しくなる可能性があります。医師や病院の負担をできるだけ軽減するためには、全員が自分の健康をできるだけに保つことが大切です。そのためにも処方されたとおりにすべての薬をきちんと服用してください。




Q.ニュースによると、COVID-19の影響を最も受けやすいのは、高齢者と基礎疾患がある人たちです。「既往症がある人」とは高齢者を指しますか、あるいは「既往症がある人」とはあらゆる年齢の人を指しますか?


中国およびその他の国からの報告では、COVID-19で死亡するほとんどの人は80歳以上であり、心臓と肺の病変の重症化が進んでいました。その人たちは、高齢者であることに加えて基礎疾患がより重症でした。高齢者で既往症を持つ人の大多数は、COVID-19による肺炎は、軽症にとどまり治癒しています。




Q.ふだん、自宅で吸入器(ネブライザー)を使用していますが、感染する可能性はありますか?それを防ぐために何かすべきですか?新しい吸入器を入手するか、現在の吸入器を洗浄するだけですか?


自分だけが自宅で使用している吸入器は、普段、行っているように清潔に保ち、他人が触れない安全な場所に保管する必要があります。そうすれば吸入器が感染源になるのを避けることができます。新しいものを入手する必要はありません。




Q.在宅酸素療法を行っている場合やネブライザーを使用する場合、どのような注意が必要ですか?


在宅酸素療法を行っている人では、通常、肺の病気がかなり重症の状態にあることを示しているため、COVID-19の感染リスクを減らすために行うべき事柄があります。これらは以下の事柄です。


  • COVID-19の感染を起こしている人との接触を避けてください。親しい友人や親戚であってもあなたを訪ねて来ないよう、また、あなたもお見舞いに行かないようにすることです。もし、感染を起こしている人に出会ったら、少なくとも2メートルの距離を保ってください。

  • 汚染された手で口、鼻、目に触れないようにしてください。

  • 汚染されている可能性のある物の表面に触れた後は、手をよく洗ってください。温水と石鹸で20秒間、手を洗ってください。

  • 治療中の肺を可能な限り健康に保つために、決められた薬を漏れなく服薬、あるいは吸入し、決められた治療がおろそかにならないようにしてください。




Q.もし、COVID-19に感染していると思う場合、すぐに病院を受診すべきではないことを知ってはいますが、基礎疾患に肺の病気がある場合、いつ医師の診察を受けるべきですか?


COVID-19に感染していると思われる場合は、自宅で症状を管理できるかどうかを自分で判断してください。発熱は、市販の解熱薬と十分な量の水分を摂取することで管理できます。発熱、咳などの症状がひどい場合、または追加のアドバイスが必要な場合は、かかりつけ医にご相談下さい。




Q.次の受診予約を早める必要がありますか、あるいは病院に受診することを避けるべきですか?


次の外来受診を予約している場合、そちらに連絡し、COVID-19の流行で混雑しているこの時期に受診するべきかどうかを問い合わせてください。電話で対応してくれるはずです。対面による診察が必要とされる場合には、相談の上、必ず受診すべきです。




Q.今年はインフルエンザワクチンを接種しましたが、COVID-19も予防できますか?


インフルエンザワクチン接種は、インフルエンザ(インフルエンザウイルス)に対してのみの予防であり、COVID-19に対しては、予防効果がありません。現在、COVID-19に対するワクチンはなく、現在のパンデミック中にCOVID-19用のワクチンが入手できる可能性は低いでしょう。




Q.高齢者や健康状態に問題がある人たちなど脆弱な人たちを守るにはどうすれば良いですか?


高齢者や基礎疾患のある人々を保護するために、ほとんどのヨーロッパ諸国では「社会生活から距離を置くこと」と自己隔離を勧めています。これは、平時よりもなるべく家にいて、できるだけ良い健康状態を保ち、COVID-19感染の機会を減らすために人ごみにでないようにすることです。




Q.患者組織がCOVID-19に関する情報を取得するために使用できる最適なソースは何ですか?


信頼できるソースから新しい情報を確認することは非常に重要です。


注)厚労省のホームページがお勧めです。




Q.換気障害のある人からの質問。人工呼吸器の不足が心配です。自宅で使用できるものをお勧めしますか?


人工呼吸装置は訓練を受けた医師たちによってのみ実施されるべきであり、専門医の監督なしに自分で入手すべきものではありません。




Q.肺移植後の患者からの質問。肺移植を受けました。私に必要な具体的なアドバイスはありますか?


移植チームまたは専門医はすでに計画を立てている可能性があり、もしそうなら、彼らのアドバイスに従うべきです。

一般に、ウイルス感染と一致する症状を発症した場合は、自宅で自己隔離し、地元の移植チームに助言を求めることをお勧めします。呼吸困難などの問題がある場合は、他の場合と同様に、早急に医師の診察を受ける必要があります。




Q.嚢胞性線維症の人からの質問。嚢胞性線維症の人としてすべきでないことはありますか?


注)嚢胞性線維症は欧米人に多い、遺伝性の呼吸器疾患です。


あなたの主治医からの、説明と方針及びCOVID-19への現地の対応に従ってください。


  • 嚢胞性線維症を持つすべての人に自己隔離を推奨するわけではありませんが、できるだけ家にいることが適切かもしれません。

  • 群衆など、特に換気の悪い場所では、曝露のリスクが高まる可能性がある場所を避けてください。

  • 現在、学校への出席に関する包括的な勧告はありません。これは、地元の状況と地元の嚢胞性線維症センターからの個別のアドバイスに従って下さい。

  • 雇用されている場合は、雇用主に連絡して、あなたを保護するために労働条件をどの程度合理的に調整できるかを考慮することをお勧めします。最寄りの嚢胞性線維症センターがこれについてアドバイスやサポートを提供してくれる場合があります。




Q.私は癌にかかっており、化学療法と放射線で治療を受けていました。これは少し前のことですが、私はまだCOVID-19のリスクが高いですか?


特定のケースについてコメントすることは困難です。大部分の人々ではCOVID-19に罹患したとしても、基礎疾患があるとしても、風邪やインフルエンザに似た程度の症状にかかります。

重症の心疾患と呼吸器疾患で、特に80歳以上の患者においてはより深刻な状況となる可能性があります。癌は、抗がん剤治療が成功している場合、通常、COVID-19のような呼吸器感染症にかかったとしても危険因子ではありません。




Q.気管支拡張症の人からの質問。COVID-19と私の状態について知っておくべき具体的なことはありますか?


COVID-19に罹患した場合、気管支拡張症の人は合併症のリスクが高くなる可能性があります。そのため、感染した場合のリスクと合併症のリスクを減らすためのいくつかの提案を以下に示します。


  • 病気の人との接触を避けてください。病気の友人や親戚があなたを訪ねないように頼み、人前で出会った病気の人から少なくとも2メートルの距離を保つようにします。

  • やむを得ない場合を除き、洗っていない手で口、鼻、目に触れないでください。

  • 汚染されている可能性のある表面に触れた後は、手をよく洗ってください。温水と石鹸で20秒間手を洗ってください。

  • 肺を可能な限り健康に保つために、定期的な薬をすべて服用し、通常の治療法に遅れないようにしてください。

  • 特に気管支拡張症の場合は、気道クリアランス(注:排痰など)を定期的に行うようにしてください。これにより、肺から粘液が除去され、再燃(悪化)のリスクが軽減されます。

  • 発熱と咳が出るが気分が良い場合は、気道クリアランスの頻度を増やし、解熱薬を服薬して発熱を抑えるようにしてください。気分が悪くなった場合は、医師の診断を受けてください。気管支拡張症の患者の多くがそうであるように、医師から抗生物質をあらかじめもらい自分の判断で服薬している場合は、痰の量が増加するか、膿性の色が強くなってきた場合にのみ服用してください。抗生物質はウイルスに対しては機能しませんが、細菌感染症を治療します。




Q.結核の治療中。COVID-19に感染した場合、抗結核治療中の結核患者はどうすればよいですか?治療に関する推奨事項のガイダンスはありますか?


気分が悪くなったとしても、結核治療を続けることが重要です。医師から特別の指示がない限り、薬を服用し続けてください。結核はCOVID-19感染の重症化に影響を与えません。COVID-19感染症の治療は、結核薬と他の薬との相互作用により複雑になる可能性があるため、新しく薬を服用する前には薬剤師または医師に相談することが重要です。




Q.喘息の治療中。好酸球を減らすIL-5抗体薬などを使用している患者は、より高いリスクにさらされていますか?投与量を停止または変更する必要がありますか?


COVID-19が懸念されるため、喘息治療薬を中止あるいは変更しないでください。それにより喘息のコントロールが悪化すると、そのための治療または入院が必要になるリスクがあります。

IL-5抗体薬はCOVID-19感染のリスクを高めることはありません。万一、COVID-19感染が起こった場合、それを継続していると喘息発作のリスクを理論的に減らすことができます。




Q.現在インフルエンザにかかっていますが、もっと心配する必要がありますか?


いいえ。心配する必要はありません。インフルエンザ(インフルエンザ)の感染が確認されている場合は、1つのウイルス感染があっても、別のウイルスに感染しやすくなる可能性は高くなりません。




Q.胸膜肥厚がありますが、COVID-19感染のリスクが高くなりますか?


いいえ。胸膜肥厚はCOVID-19感染のリスクに影響せず、他の心臓または肺の病気が合併していない限りリスクを増加させません。




Q.私は普通の健康体ですが、肺炎を数回、経験しました。これは、私がより深刻な影響を受けることを意味しますか?


いいえ。以前の感染は、以前の感染が他の病気(重度の心臓または肺の状態、糖尿病、または免疫系を抑制する状態または薬物など)によるものでない限り、将来、より重い感染のリスクを高めることはありません。




Q.肺の一部を切除しました。COVID-19はどのように影響しますか?


現在、健康であれば、これがCOVID-19感染にかかりやすくしたり重くなったりする可能性があると考えられません。




Q.私のパートナーは、受診のためにロンドンに飛行機で旅行しなければなりません。安全に保つために何ができますか?


基礎疾患のある人の旅行は可能な限り制限し、必須の旅行のみに制限する必要があります。旅行が不可欠な場合は、旅行中のすべての段階で適切な手指の衛生を実践するなど、このページの上部に概説されている手順に従う必要があります。




Q.公共交通機関の使用を避けるべきですか?使用するのに最適なトランスポートの種類は何ですか?


呼吸器疾患のある患者では、可能な限り旅行を制限することをお勧めします。バスや電車の旅などの公共交通機関が必要になる場合がありますが、その場合、伝染のリスクを減らす最善の方法は、外出の前後に手をよく洗って、顔、鼻、目に触れないようにし、可能であれば、他の乗客から2メートル以上の距離を保つようにしてください。

乗客が最も少ない公共交通機関、または潜在的に病気の人との接触が少ない公共交通機関が最適ですが、一部の旅行では危険は避けられないことを知っておくべきでしょう。




【子供たちを新型コロナウィルス肺炎から守る】


Q.子供の通学を心配する必要がありますか?


現在、ヨーロッパの多くの国では、流行に対応して学校を閉鎖しています。お住まいの国がまだ学校を閉鎖していない場合は、学校と地方自治体のアドバイスに従うことをお勧めします。子供もCOVID-19に感染する可能性がありますが、ほとんどの場合、軽度のウイルス性疾患にとどまっています。

あなたの子供のリスク、呼吸器疾患をもつあなたのリスクについてはあなたの子供が通う学校側と相談して下さい。

今後、国内でより広範な感染と大規模な発生が検出された場合、特定の地域の学校を閉鎖するよう勧められる場合があります。




Q.私の子供には呼吸器の病気があります。守るためにどうすべきですか?


年長児では、手を適切に洗う方法、および、洗っていない手で口、鼻、目に触れないようにする方法を教えてください。親御さんが不在時には遊ぶ活動を減らし、多数の人々と接触するようなイベントを避けるなど、社会的な距離を置く手段を検討してください。

最も大切なことは、この病気は一般に子供では軽症ですが、呼吸器の病気があり、治療がうまく効果をあげていない場合、重症化する可能性があることです。感染した場合に合併症のリスクを減らすために、喘息のステロイド吸入薬など定期的な薬をすべて服薬、使用していることを確認してください。




Q.私には子供があり、呼吸器の病気があります。私も含めて大丈夫であることを確認するにはどうすればよいですか?


あなたとあなたの子供の両方に対する注意として、子供が学校から帰宅した後(該当する場合)、食事の前に、石鹸と水で20秒間、適切な手洗いを練習させる必要があります。あなたとあなたの子供は、COVID-19にかかっている人や感染の可能性のある人との接触を避けるべきです。




出典:


原文は以下のホームページで見ることができます(2020/03/22、現在)。

ERS Communications Team

European Respiratory Society

Avenue Sainte Luce 4

Lausanne 1003

Switzerland

TEL:+41 21 213 01 01 FAX:+41 21 213 01 00


その他の情報源には英語圏では次のようなものがあります。


World Health Organization European Centre for Disease Prevention and Control PREPARE - European response to outbreak US Centers for Disease Control and Prevention



※無断転載禁止


0回の閲覧

臨床呼吸器疾患研究所

呼吸ケアクリニック東京

​〒104-0031 東京都中央区京橋1-12-5京橋YSビル1階

​​☎ 03-6263-2143