緊急事態宣言解除に伴う今後の当院の診療体制について

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言解除に続き、都道府県境を越える移動も制限解除となりました。
今後も健康に毎日を過ごしていくために、次の点が極めて大切です。

1.    手洗い、社会的距離の確保、マスク着用など、引き続き感染予防を心がける

2.    しっかり食べる、体を動かす、規則的な生活を送るなど、活動性を保つようにする

4.    定期的に診察や検査を受け、自覚症状だけからはわからない体の変化を確認する

3.    もともとの病気の薬をきちんと続けてできるだけ良い体調を保つ

院内感染対策にも十分配慮しながら、診察と検査を軸とした従来どおりの診療体制を維持しております。

安心してご来院ください。

 
再診予定の方

1)

COPDや間質性肺炎では、心臓・血管系の病気や肺がんなどの合併症を生じる可能性が比較的高く、それらの早期発見には定期的に診察・検査を受けることが非常に大切です。
また、喘息、気管支拡張症、非結核性抗酸菌症などにおいても、現在の治療による効果をきちんと評価しながら、適宜、治療の調整を図る必要があります。
新型コロナウイルスの感染リスクを恐れるあまりに受診を控えることで、肝心の持病の悪化を見逃さない、招かない、ことも大事です。

2)

新型コロナウイルス対応の特例措置として、時限的に電話による再診が保険診療として認められています。
同措置が適応される期間中は、疾患特性や体調の安定性などによって電話再診での対応が可能かどうかを判断いたします。ご希望の方はクリニックまで電話でご連絡ください。
電話再診で処方薬の必要な方は、処方箋の郵送(送料は患者さんにご負担いただきます)にて対応いたします。

​3)

体調に変化があった場合は、早めに当院まで電話にてご連絡ください。

 
​初診、ご希望の方

1)

当院の主な診療科目は慢性呼吸器疾患(喘息、COPD、間質性肺炎、気管支拡張症など)です。
新型コロナウイルス感染に関するPCR検査および抗体検査を含め、発熱外来としての診療体制は整えておりませんので、ご承知おきください。

2)

比較的長い期間、咳、痰や息切れなどの症状が続く方は、慢性呼吸器疾患の可能性が考えられます。受診をご希望される方は、必ず事前に電話にてご予約ください。

3)

予約なしにご来院された方は、改めて受診日を設定させていただきます。ご了承ください。

4)

院内感染予防の観点から、ご病状によっては平常の待合いとは別の待機室へご案内し診察にお時間がかかることもありますので、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

臨床呼吸器疾患研究所

呼吸ケアクリニック東京

​〒104-0031 東京都中央区京橋1-12-5京橋YSビル1階

​​☎ 03-6263-2143