• 木田 厚瑞 医師

No.115 ここまで分かった軽症、中等症の新型コロナウィルス感染症―要点


2020年11月2日


 新型コロナウィルス感染症(Covid-19)は新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)により起こされる感染症です。

 中国、武漢や、クルーズ船の感染から始まった騒動は、世界中に拡散し、更に第2波が心配されています。他方で治療薬や予防ワクチンの開発も話題にはなっていますが、遅遅として解決の糸口は見えてきません。

 Covid-19 の大多数は軽症ないし中等症です。臨床医学として高いレベルの論文を多数掲載しているNew England Journal of Medicine は、軽症、中等症のCovid-19の臨床情報をまとめています[1]。いわば、新型コロナウィルス感染症の医療者向け総論ですが現段階での情報を整頓するには貴重です。

論文はかなり長いので2つに分けて説明します。

本稿は、論文全体の要約です。

論文中では、厳密に区別して記載しているように新型コロナウィルス感染症は、Covid-19,それを起こすウィルスの正式な名称は、SARS-Co-2を用いて記載します。



以下が本論文[1]の要旨です。


・Covid-19には、咳、発熱、筋⾁痛、胃腸症状、嗅覚障害など、さまざまな症状がある。


・診断は、通常、⿐咽頭スワブまたは唾液を含む他の検体のPCR検査によるSARS-CoV-2RNAの検出により確定する。


抗原検査は⼀般にPCR検査より感度が低いが、より安価であり、迅速な結果でケアの現場で使⽤することができる。


・治療と管理は、病気の重症度によって異なる。軽度の病気の患者は米国では通常、⾃宅で回復するが、中等度の病気の患者は注意深い監視が必要で⼊院が必要。


・レムデシビルとデキサメタゾンは、重症のCovid-19の⼊院患者で効果を⽰しているが、中等度の患者では、デキサメタゾンは効果的ではない(有害である可能性がある)。

また、レムデシビルの⽇常的な使⽤を推奨または反対するにはデータが不⼗分である。


・感染管理の取り組みは、医療従事者向けの個⼈⽤保護具、社会的距離、および検査に重点を置いている。



図説明:ステージに基づいたCovid-19の特徴、診断と治療


 米国CDCによればSARS-Co-2の診断のための検査は、最近、症状や徴候が感染した人の判別か、あるいは無症状であるが濃厚接触者である可能性が高い場合に実施する。

 また、SARS-CoV-2のスクリーニング目的は、感染しているが無症状である場合の個体の判別、あるいは最近、知らないうちに感染が判明したか、あるいは濃厚接触者の場合に実施する。スクリーニングテストは、感染した可能性がある人を同定し、さらに感染が拡散を防ぐことを目的とする。



出典:RT Gandhi et al. N Engl J Med 2020;383:1757-1766.より一部改変



参考文献:


1.Gandhi,RT. et al. Mild or moderate Covid-19. N Engl J Med 2020; 383: 1757-66.

DOI: 10.1056/NEJMcp2009249


※無断転載禁止

41,813回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

No.184 ワクチン接種の副反応としての急性心筋炎

2021年7月30日 わが国で現在、接種が進められている新型コロナウィルス感染症のワクチンはmRNAタイプと呼ばれるBNT162b2-mRNA (Pfizer-BioNTech社製)とmRNA-1273 (Moderna社製)の2種類です。臨床治験の段階では、副反応として指摘されていなかった急性心筋炎(acute myocarditis)が、きわめて少数例ではありますが若年者にみられており注目され

No.183 新型コロナウィルス感染による脳組織の傷害

2021年7月29日 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の後遺症に悩む患者さんを診る機会が増えてきました。発症の初期に、嗅覚異常、味覚低下を認めた人、速く歩いたり、夜間睡眠中に血中の酸素低下が強く起る人。訴え方も様々です。「脳の霧」(brain fog)とも表現されています。 COVID-19は、SARS-CoV-2と呼ばれるウィルス感染症ですが、その流行初期のころには神経系には感染しな