• 木田 厚瑞 医師

No.29 喘息の急性増悪をどのように避けるか


2020年1月6日


経過中に喘息が重い発作を起こし、救急受診となったり、あるいは入院となることがあります。これは、治療費を増やし、患者さんや家族を不安にします。このような重い発作は、「急性増悪」あるいは「急性発作」と呼ばれています。

2019年8月、欧州アレルギー・臨床免疫学会と欧州呼吸器学会がその対策について共同で声明を発表しました。ここでは、その要点を紹介します。




Q.喘息の急性増悪とはなにか


国際的な喘息対策の専門委員会(GINA)では次のように定義しています。


・症状が次第に悪化していく。

 その症状とは、息切れ、咳、喘鳴、胸のしめつけ感を指す。

・肺機能はいつもより低下している。

・診察では次のような所見がある。

 呼吸数は1分間に30回以上、脈拍数は1分間に120以上、酸素飽和度は90%以下、呼吸のたびに頸部の呼吸補助筋が目立つ。

 ピーク・フロー値はいつもの50%以下。




Q.急性増悪を起こす背景は何か


・誘因がある。

・処方された薬剤を指示された通りに使用していない。

・体質的に重症化する素因がある。

・急に過敏な反応を起こす。

・喘息以外に合併症がある。




Q.急性増悪を起こしやすい合併症は何か


・肥満。

・職業上でのストレス。

・過敏症。

・室内および大気汚染。

・広い範囲での末梢気道(細い気管支)の傷害。

・肺の弾力性の低下があり肺が収縮しにくくなっている。




Q.委員会からの勧告の結論


・軽症や重症を問わず急性増悪は決して起こってはならないことを目標とする。

・急性増悪がくり返し起こらないようにする。

・吸入薬など、治療薬をきちんと使うよう医療者と患者が協力しあう。

・室内、大気汚染が誘因とならないようにする。

・治療は患者と医療者の対話として行っていくこと。




治療中のすべての喘息患者さんについてどのようにして急性増悪(発作)を起こさないようにするか、の目標をまとめています。

治療をできるだけうまく進めていくためには「治療は患者と医療者の対話として行っていくこと」という提言を重く受け止めています。



参考文献:

Bourdin A, et al. ERS/EAACI statement on severe exacerbations in asthma in adults: facts, priorities and key research questions. Eur Respir J 2019; 54: 1900900


※無断転載禁止


495回の閲覧

最新記事

すべて表示

N0.91 小児に始まる大人の喘息

2020年8月3日 私たちが診ている喘息の患者さんの中には、子供の頃から喘息がありました、という人がたくさん、います。中には高齢になっても重症のまま続いている人もいます。 私は若いころ、「肺の成長と発育」というテーマで研究生活をしていた時期があります。最近になり成人や高齢者の肺の病気が幼少時の生活の影響を深く受けていることが分かってきました。 小児に始まった喘息が年とともにどのように変化していくの

臨床呼吸器疾患研究所

呼吸ケアクリニック東京

​〒104-0031 東京都中央区京橋1-12-5京橋YSビル1階

​​☎ 03-6263-2143