• 木田 厚瑞 医師

No.147 COPD発症の前段階とは何か?


2021年3月1日


 COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する診断、治療などは、GOLDと呼ばれる国際的な委員会で厳密に診療ガイドラインに相当するものが作成されています。2021年版が発表されていました[1]。


COPDの診断は、スパイロメトリーと呼ばれる肺機能検査を用いて、喘息と区別するため気管支拡張薬を吸ったあとで1秒量 / 努力性肺活量(FEV1/FVC)が0.7以下の場合に診断されます。

しかし、胸部CTでは、肺組織が壊れた肺気腫の所見があるにも拘わらず、スパイロメトリーが正常という患者さんがたくさんみられます。厳密にいえば、この人たちはCOPDではありませんが、経過中に一時的に症状が悪化する「増悪」がしばしば、見られる患者さんがいます。以前にはCOPDステージ0という考え方がありました(下記のQ参照)。


 COPD前段階(Pre-COPD)という考え方が今、再検討されています[1]。

その理由は、現在、COPDの臨床診断として使われているスパイロメトリーによるFEV1が鋭敏に初期病変を検出しないので病変が進行した人にしか当てはまらないことです。




Q. COPDのステージ0とは何か?


・2001年、GOLD委員会のレポートではCOPDのステージ0(GOLD 0)を提案した。

スパイロメトリーは正常で、危険因子(喫煙)、症状(慢性の咳、痰)がある場合と定義

➡その後の追跡調査でGOLD 0は必ずしもCOPDに進行していくわけではないことが判明したのでGOLD 0 案は廃止。




Q.Pre-COPDとは何か?


・痰や咳を慢性症状として認める患者。

・スパイロメトリーで1秒量は同性の同年齢者よりも低いことと、肺拡散能検査が低値。

・胸部CTで肺気腫や細い気道の壁が炎症により肥厚している。




Q.Pre-COPDの特徴は?


特に慢性の咳、痰がある場合には以下のような特徴がある。


・GOLDの定義に合致した本物のCOPDに移行していく可能性が高い。

・気道には痰を過剰に産生する、すなわちムチン産生が増加している。

・胸部CTで気道の壁が肥厚している。




Q. 非閉塞性慢性気管支炎(NOCB)の提案の意味?


・Pre-COPDをCOPDの一つの病型とみなす考え方が英国グループにより提唱されている。

➡これらの異常が認められる場合には、非閉塞性慢性気管支炎(NOCB)と呼ぶことが提案された。これは古く、1965年に英国の研究者により提唱された概念であるが最近の病理学的研究とこれに対応する胸部CT所見などの対応などで新たに見直された。


・これは将来、COPDに移行していく可能性がある。これは、長年の喫煙などで重大な気道壁の損傷を起こしていることを示唆する。




Q. pre-COPDをどのように診断していくか?

 

以下の組み合わせで診断するのが妥当である。



出典:Han MK. et al. From GOLD 0 to Pre-COPD

Am J Respir Crit Care Med 2021; 203: 414–423.

Originally Published in Press as DOI: 10.1164/rccm.202008-3328PP on November 19, 2020より一部改変



 COPDの診療は、簡単ではありません。GOLDがCOPDの診断として取り決めているのはスパイロメトリーの検査で、定義された枠内に入る場合です。この場合、発症の背景として、長年の喫煙歴などがあり(喫煙歴がないCOPDもある)、症状が労作時息切れ、咳や痰が長く続き、類似の状態を示す喘息や気管支拡張症などの可能性が除外された場合にCOPDと診断します。しかし、実臨床では、COPDと診断される患者さんの数倍、その予備群と考えられる人たちがいます。この場合でも、「増悪」を起こしたときには、予備軍と診断されているにも関わらずCOPD確定の人たちと同じような重症となります。また、心血管疾患や肺がんの併存リスクも高いことが知られています。

 軽症のCOPDをどのように見つけ、悪化させないようにしていくかが、治療経過でもっとも大切になります。




参考文献:


1. Global Initiative for Chronic Obstructive Pulmonary Disease: 2021 Report.


2. Han MK. et al. From GOLD 0 to Pre-COPD

Am J Respir Crit Care Med 2021; 203: 414–423.

Originally Published in Press as DOI: 10.1164/rccm.202008-3328PP on November 19, 2020


3.Definition and classification of chronic bronchitis for clinical and epidemiological purposes. A report to the Medical Research Council by their Committee on the Aetiology of Chronic Bronchitis

Lancet 1965; 7389:775-779. PMID: 4165081


※無断転載禁止

293回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

No.179 糖尿病の薬がタバコによる肺傷害を改善する

2021年7月1日 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、別名、タバコ病とも呼ばれているほど密接な因果関係があります。 病変の本質は、肺の組織全体におよぶ強い炎症であり、その結果、肺胞が広く破壊され、細い気管支が広範な炎症を起こす結果、狭くなり、また傷がつき痰を多く産生するようになります。息切れや咳、痰の症状がみられ、進行すれば酸素の取り込みが悪くなる呼吸不全となることがあります。さらに四肢の筋肉は細く

No.153 COPDの発症に関わる遺伝子研究

2021年3月17日 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、親兄弟など血族の中に同じくらい重症の人が複数いることは良く知られています。主な原因は、喫煙習慣ですが、喫煙者の15~25%しか、発症しないことから遺伝的な影響は確実視されています。 共通する遺伝子があるかどうかを調査する研究は、多くの人種を網羅し、しかも多数の人を調べなければならないこと、これに伴う莫大な研究費用がかかることが問題です。 ここで