No.147 COPD発症の前段階とは何か?


2021年3月1日


 COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する診断、治療などは、GOLDと呼ばれる国際的な委員会で厳密に診療ガイドラインに相当するものが作成されています。2021年版が発表されていました[1]。


COPDの診断は、スパイロメトリーと呼ばれる肺機能検査を用いて、喘息と区別するため気管支拡張薬を吸ったあとで1秒量 / 努力性肺活量(FEV1/FVC)が0.7以下の場合に診断されます。

しかし、胸部CTでは、肺組織が壊れた肺気腫の所見があるにも拘わらず、スパイロメトリーが正常という患者さんがたくさんみられます。厳密にいえば、この人たちはCOPDではありませんが、経過中に一時的に症状が悪化する「増悪」がしばしば、見られる患者さんがいます。以前にはCOPDステージ0という考え方がありました(下記のQ参照)。


 COPD前段階(Pre-COPD)という考え方が今、再検討されています[1]。

その理由は、現在、COPDの臨床診断として使われているスパイロメトリーによるFEV1が鋭敏に初期病変を検出しないので病変が進行した人にしか当てはまらないことです。




Q. COPDのステージ0とは何か?


・2001年、GOLD委員会のレポートではCOPDのステージ0(GOLD 0)を提案した。

スパイロメトリーは正常で、危険因子(喫煙)、症状(慢性の咳、痰)がある場合と定義

➡その後の追跡調査でGOLD 0は必ずしもCOPDに進行していくわけではないことが判明したのでGOLD 0 案は廃止。




Q.Pre-COPDとは何か?


・痰や咳を慢性症状として認める患者。

・スパイロメトリーで1秒量は同性の同年齢者よりも低いことと、肺拡散能検査が低値。

・胸部CTで肺気腫や細い気道の壁が炎症により肥厚している。




Q.Pre-COPDの特徴は?


特に慢性の咳、痰がある場合には以下のような特徴がある。


・GOLDの定義に合致した本物のCOPDに移行していく可能性が高い。

・気道には痰を過剰に産生する、すなわちムチン産生が増加している。

・胸部CTで気道の壁が肥厚している。




Q. 非閉塞性慢性気管支炎(NOCB)の提案の意味?


・Pre-COPDをCOPDの一つの病型とみなす考え方が英国グループにより提唱されている。

➡これらの異常が認められる場合には、非閉塞性慢性気管支炎(NOCB)と呼ぶことが提案された。これは古く、1965年に英国の研究者により提唱された概念であるが最近の病理学的研究とこれに対応する胸部CT所見などの対応などで新たに見直された。


・これは将来、COPDに移行していく可能性がある。これは、長年の喫煙などで重大な気道壁の損傷を起こしていることを示唆する。




Q. pre-COPDをどのように診断していくか?

 

以下の組み合わせで診断するのが妥当である。



出典:Han MK. et al. From GOLD 0 to Pre-COPD

Am J Respir Crit Care Med 2021; 203: 414–423.

Originally Published in Press as DOI: 10.1164/rccm.202008-3328PP on November 19, 2020より一部改変



 COPDの診療は、簡単ではありません。GOLDがCOPDの診断として取り決めているのはスパイロメトリーの検査で、定義された枠内に入る場合です。この場合、発症の背景として、長年の喫煙歴などがあり(喫煙歴がないCOPDもある)、症状が労作時息切れ、咳や痰が長く続き、類似の状態を示す喘息や気管支拡張症などの可能性が除外された場合にCOPDと診断します。しかし、実臨床では、COPDと診断される患者さんの数倍、その予備群と考えられる人たちがいます。この場合でも、「増悪」を起こしたときには、予備軍と診断されているにも関わらずCOPD確定の人たちと同じような重症となります。また、心血管疾患や肺がんの併存リスクも高いことが知られています。

 軽症のCOPDをどのように見つけ、悪化させないようにしていくかが、治療経過でもっとも大切になります。




参考文献:


1. Global Initiative for Chronic Obstructive Pulmonary Disease: 2021 Report.


2. Han MK. et al. From GOLD 0 to Pre-COPD

Am J Respir Crit Care Med 2021; 203: 414–423.

Originally Published in Press as DOI: 10.1164/rccm.202008-3328PP on November 19, 2020


3.Definition and classification of chronic bronchitis for clinical and epidemiological purposes. A report to the Medical Research Council by their Committee on the Aetiology of Chronic Bronchitis

Lancet 1965; 7389:775-779. PMID: 4165081


※無断転載禁止

閲覧数:653回

最新記事

すべて表示

2022年5月30日 5月31日は、「世界禁煙デー」です。厚労省はWHOと協調して禁煙キャンペーンを行っています。厚生労働省、日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会が共同で取り組むことになっています。 呼吸器疾患の中でも特にCOPDは喫煙と古くから密接に関連していることが知られています。英国の呼吸器専門雑誌、Lancet Respiratory Diseaseは、この時期に合わせ、

2022年5月25日 胎児や乳幼児の時代に受けた栄養障害が、中年期になり動脈硬化や糖尿病などの発症に影響するという説は、英国、ベイカー(Baker)による仮説として知られています。すなわち、出生前後の時期の栄養障害が、後年、成人に達したあとに肥満、糖尿病、インスリン非感受性、高血圧、高脂血症、および冠状動脈性心臓病や脳卒中を含む合併症を含むメタボリック・シンドロームに対する感受性を高め、発症しやす

2022年4月20日 世界の人口の90%以上が、WHO(世界保健機構)が定める大気汚染の安全限界を超える地域に住んでいると云われます。2019年度の世界疾病負荷の調査によると大気汚染により毎年、670万人の死亡者が出ています[1]。大気汚染の結果、呼吸器疾患の中ではCOPDや喘息が、循環器疾患の中では冠動脈疾患などが悪化し死亡リスクを著しく高めていることが判明しています。 従来の研究では、大気汚染