• 木田 厚瑞 医師

No.73 新型コロナウィルスの構造と薬の開発


2020年6月13日

新型コロナウィルスの治療薬の開発は、各国の専門家グループの間で熾烈な競争となっています。

新薬の開発は、スーパーコンピューターを駆使して10億くらいの候補物質の立体的な化学構造の設計図を作成し、さらに薬と結び付く対象物(この場合は新型コロナウィルス)を結合の強さ、効率性など物理学的な視点から計算で絞りこみ、その中で選別した数種の有望な物質を培養細胞で期待通りのことが起こるかを確認していきます。これで絞り込めば動物実験に進みます。

新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)は、ウィルス粒子(ビリオン)は、50〜200 nm(ナノメートル)ほどの大きさです。1nmは10-9 m。ヒトの細胞に感染して増殖するために必要なタンパクは25種余りで、これを作るための遺伝子をもっています[1]。他方、肺の細胞にあるACE2と呼ばれる受容体(鍵穴)にウィルスのスパイク状の糖タンパク(viral S protein)が鍵となり結合することにより細胞への感染が開始され、細胞内に入り込むと急速に増殖を開始します。治療薬やワクチンの開発の多くはこれらの過程のどこかを遮断することに向けられています。

図1は、最近、発表されたウィルスの断面の模式図です[1]。鍵となるスパイク状の糖タンパクに結合する物質は、本年2月の段階で8,000種が候補物質として報告されています[1]。

気が遠くなるような選別作業ですがこれにはAIが使われ、超スピードで行われているとのことです[1]。



(図1)

部分がそれぞれウイルスのスパイク状の糖タンパク、ACE2受容体を示しています。


参考文献:


1.Parks, JM. et al. How to discover antiviral drugs quickly.

N Eng J Med 2020; 382; 2261-2264.


※無断転載禁止

2,853回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

No.184 ワクチン接種の副反応としての急性心筋炎

2021年7月30日 わが国で現在、接種が進められている新型コロナウィルス感染症のワクチンはmRNAタイプと呼ばれるBNT162b2-mRNA (Pfizer-BioNTech社製)とmRNA-1273 (Moderna社製)の2種類です。臨床治験の段階では、副反応として指摘されていなかった急性心筋炎(acute myocarditis)が、きわめて少数例ではありますが若年者にみられており注目され

No.183 新型コロナウィルス感染による脳組織の傷害

2021年7月29日 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の後遺症に悩む患者さんを診る機会が増えてきました。発症の初期に、嗅覚異常、味覚低下を認めた人、速く歩いたり、夜間睡眠中に血中の酸素低下が強く起る人。訴え方も様々です。「脳の霧」(brain fog)とも表現されています。 COVID-19は、SARS-CoV-2と呼ばれるウィルス感染症ですが、その流行初期のころには神経系には感染しな