top of page

No.12 包括的呼吸リハビリテーション

2019年10月15日


 COPD(慢性閉塞性肺疾患;肺気腫、慢性気管支炎)の治療は「薬による治療」と並び「薬以外の治療」を組み合わせて行うことが大切です。

後者には、禁煙だけでなく適切な運動や、栄養の改善などがあり体力を改善し、行動範囲を広げ、「増悪」を起こさないように一人ひとりの患者さんに具体的な方法を教えていくことが大切です。

私は、こうした「薬以外の治療」の全てを包括的呼吸リハビリテーションと名付けています[1]。


包括的呼吸リハビリテーションは、重症になればなるほど必要となります。特に在宅酸素療法を実施中の方は、薬を使うだけ、酸素を吸うだけでは治療効果を上げることはできません。

包括的呼吸リハビリテーションはCOPDの長期治療にもっとも適していますが重症の喘息や気管支拡張症などにも応用することができます。


図1は、包括的呼吸リハビリテーションの概要を模式図で示したものです。

評価を行い、プログラムを実施し、成果を期待する、という流れから成り立っています[2]。


(図1)




Q. 包括的呼吸リハビリテーションで期待できる治療効果


・運動耐容能が向上する。その結果、活発な日常生活が期待できます。


・正しい機器類の使用。重症のCOPDの治療は在宅酸素療法だけでなく在宅人工呼吸療法も広く実施されるようになってきました。機器の進歩は急速ですがこれを使いこなして効果を高めることが必要です。


・アドヒアランスを高める。吸入薬や、酸素吸入などは指示に従い使わなければ効果がありません。


・自己管理能力を高める。医師や看護師は、どうすれば治療効果を高めることができるかを教えることはできますが日常の生活では自分で管理していくという姿勢を貫くことが大切です。


・病態の理解。自分自身の病気がどのように起こっているか、悪化しないために何をなすべきか、を正確に知っていなければなりません。




参考文献:

1.包括的呼吸リハビリテーション:チーム医療のためのマニュアル、木田厚瑞 著、メデイカルレビュー社、1998年。


2.息切れで悩むCOPD、 木田厚瑞 著、法研、平成29年。


※無断転載禁止


閲覧数:2,931回

最新記事

すべて表示

No.285 新型コロナウィルス感染症後にみられる間質性肺炎とは?

2023年10月3日 新型コロナウィルスによる肺の感染症で入院治療が必要となる重症呼吸窮迫症候群(ARDS)となった患者数は全世界で約6億人と言われています。 重症のウィルス感染がきっかけで間質性肺炎を起こすことは、HIV、サイトメガロウィルス、Epstein-Barrウィルス感染症でも知られています。 新型コロナウィルス感染後に、脳の霧(brain fog)といわれる状態や、息切れ、胸痛、動悸な

No.284 咳が強い間質性肺炎と逆流性食道炎の関係性と治療のありかたの疑問点は?

2023年10月1日 呼吸器の病気の中でも治療が難しいのは、肺の構造そのものが大きく変化し、働きの面でも元に戻すのが難しい場合です。大きく穴が空いて壊れる肺気腫とその対局にある間質性肺炎が問題です。肺気腫は肺が過膨張となり縮まりにくくなる病気ですが間質性肺炎は肺組織が広い範囲で炎症性の病変を起こし、硬くなり膨らみにくくなるという病気です。重症化すれば肺気腫、間質性肺炎の両者とも高度の息切れに加え、

No.283 世界肺デー(World Lung Day)の米国胸部学会からの呼びかけ

2023年9月25日 9月25日は、世界肺デー(World Lung Day)です。米国胸部学会は、国際的な連帯を呼び掛けています。 今年のスローガンは「すべての人のための予防と治療へのアクセスです。誰も置き去りにしないでください」です。 地球の温暖化、急激な気候変動で呼吸器の病気が増えてきています。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)や夏季にも多くみられるインフルエンザ感染など急性感染症

Comments


bottom of page