top of page
アンカー 1
検査一覧

検査内容・予防接種

呼吸機能検査・呼吸抵抗試験・吸入負荷試験

呼吸機能検査

呼吸を評価するためにもっとも大事な検査です。
当院では喘息やCOPD、間質性肺炎の患者さん(あるいはこれらが疑われる患者さん)、咳や息切れのある患者さんなどを対象に実施します。
スパイロメトリー検査では肺年齢も測定できます。
検査自体は思いっきり息を吸う・吐くなどの動作が必要で、患者さん自身の体調や頑張り具合にも左右されます。
定期的に検査することで、呼吸の力がどのように変化しているかを追跡し治療の見直しが必要か判断します。
その他に精密検査として肺拡散能試験(主にガス交換の能力をみます)、呼吸抵抗試験(スムーズに呼吸ができているかを評価します)、吸入負荷試験(薬剤(気管支拡張薬)への反応をみます)なども実施します。

bottom of page