• 木田 厚瑞 医師

No.129 新型コロナウィルスに感染しやすい血液型

2021年1月9日


 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の流行は第3波の中にあり、効率的な感染予防の方法の目途は立っていません。


多くの感染症でかかりやすい人とかかりにくい人がいることは事実です。年齢、性別、栄養状態、免疫能や基礎疾患の種類などなど多彩な理由が考えられます。


ここで紹介する論文は、COVID-19のかかりやすさを遺伝子レベルで調査し、その結果、血液型の違いが感染にかかりやすさの一つであることを明らかにしたものです[1]




Q.これまでに報告されているCOVID-19の背景因子とは?


・男性は女性よりも死亡率が高い。


・高血圧、糖尿病、心血管疾患、糖尿病があるとかかりやすい。


・血栓を起こしやすい理由として血管の内側を構成する内皮細胞の異常が考えられるが相対的な役割は不明。




Q.本研究の方法は?


・COVID-19に感染し、重症の呼吸不全となった、1,980人の患者の協力。


・PCR法により診断を確定。


・対象は、イタリアとスペインにある7カ所の病院。


・比較のためイタリア、スペインから2,381人のCOVID-19感染がない人。


・イタリアで無作為に選んだ献血者、998人。このうち40人は過去にCOVID-19に感染し、抗SARS-CoV-2抗体が陽性だった。


・遺伝子型を決定するため、396人をイタリア及び987人をスペインからのボランティア献血者のデータを用いた。


・血液からDNAを抽出し、遺伝子検索を行った。また、血液型も調べた。




Q.研究の結果は?


・GWAS(ゲノムワイド関連解析法)では有意に重症呼吸不全となる2つの遺伝子座あった。3p21.31, 9q34.2

・すでに発表されているCOVID-19で呼吸不全となる症例では遺伝子座 3P21.31を構成する6つの遺伝子で構成されていた。

3P21.31(rs11385942)の遺伝子を持つ場合に重症となった。年齢、性別補正でオッズ比1.56, 95%CI 1.17-2.01


・ABO血液型:

A型ではCOVID-19で人工呼吸器装着となる重症呼吸不全となるリスクは他の血液型よりも高値であった。オッズ比 1.45(95%CI 1.20-1.75)

O型では保護効果があった。オッズ比 0.65 (95%CI 0.53-0.79)


・HLA分析:COVID-19の重症度との関連性なし。




Q.考察は?


・以前にCOVID-19とABO血液型の関連性が指摘されていたが本研究ではこれを裏付けた。


・このデータが基礎となり、中和抗体の開発や、血液凝固異常を防ぐ治療の開発に結び付く可能性がある。




 新型コロナウィルス感染症では、感染者の一部が重症化して、集中治療室で人工呼吸器が必要になることが知られています。本論文は感染し呼吸不全が重症となった人たちが、健康人と比較してどのような遺伝子の差異が見られるかを明らかにしたものです。

 A型が危険、O型は安全という簡単な結論が導かれた点がユニークです。

高齢者、肥満者、喫煙者、基礎疾患の多い人ではリスクが高くなることが判明していますが血液型で重症の呼吸不全を起こすかどうかの発見は貴重です。




参考文献:


1.The Severe Covid-19 GWAS Group: Genomewide association study of severe

Covid-19 with respiratory Failure. N Engl J Med 2020;383:1522-34.

DOI: 10.1056/NEJMoa2020283


※無断転載禁止

23,016回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

No.164 息切れがない新型コロナウィルス感染症の低酸素血症:その後の情報

2021年5月6日 エヴェレストは、ネパールとチベットの国境にそびえる世界の最高峰。標高8,848m。 1953年5月29日、イギリス登山隊のヒラリーとテンジンが初めて登頂したことで知られています。高度の低酸素状態での強い息切れの中での危険な登山でした。 私たち、呼吸器医が日常的に診る慢性の呼吸器疾患の患者さんの大多数は息切れを訴えて受診する方です。しかも、その息切れは、坂道を上るときや、重い荷物

No.162 アデノウィルス・ベクターを利用している新型コロナウィルス・ワクチンの副反応

2021年4月26日 ようやく、わが国でも新型コロナワクチン接種が進んできました。わが国で接種が始まっているワクチンはPfizer-Moderna社のワクチンですが、アストラゼネカ製のワクチン接種を進めている欧州連合(EU)加盟国では、接種による副反応の対応に追われています。 元気な女性に接種したときに稀ですが致死的な血栓ができることが問題です。許可を与える欧州医薬庁(EMA)では「ワクチンをうつ