No.203 入院がきっかけで寝たきりに近くなる慢性呼吸器疾患の問題


2021年9月21日


 COPD(慢性閉塞性肺疾患)など、多くの慢性呼吸器疾患(CRD)は、普段の治療がうまくいっていても経過中に急性に悪化することがあります。「増悪」と呼ばれるこの状態は外来で治療できますが時に入院治療が必要となることがあります。治療では、抗生物質の点滴投与や酸素吸入が継続的に必要とされ、さらに監視下で血圧や脈拍、酸素飽和度、呼吸数や意識状態などの観察が必要とされるようになります。これらが不安定でさらに悪化した場合には集中治療室での治療が行われます。

 COPDの患者さんの治療では「増悪」を防ぐことが大きな目標の一つです。しかし入院が重なった場合の問題点を指摘したのがここに紹介する論文[1]です。




Q.慢性呼吸器疾患で入院したときの弊害は?


・慢性呼吸器疾患(CRD)の悪化のために入院すると、可動性と機能的能力が低下し、回復が長引くか不完全な回復になる可能性がある。


・運動筋量の減少は、CRDの悪化による入院後の健康への悪影響の予測因子である。救命救急治療の設定下では、急速かつ持続的な筋量の減少が報告されている。




Q.本研究の目的は?


・入院中の大腿四頭筋量の経時変化について超音波を使用し、その後のCRDの悪化からの回復を記録した。また、その後の3か月以内の再入院がこの時間経過の変化に与える影響についても調査した。




Q.測定方法は?


・大腿四頭筋の厚さ(Q)は、入院時(48時間以内)、退院時、早期回復(6〜8週間)、および後期回復(3か月)で測定した。Qは、大腿部の中央部で測定し、4画像は、最小圧力下で脚に垂直なトランスデューサーで測定した。




Q.入院後の大腿四頭筋の厚さの変化は?


・入院から退院までの間に、Qは平均8.3%低下した(-2.28 mm, 95%CI -1.16から-3.40、p <0.01)。この低下は早期回復しなかった(ベースラインと比較して8.5%の低下、-2.52 mm, 95%CI -1.09〜-3.97 mm)。3か月後の時点で、ベースラインの平均Q(-1.32mm, 95%CI 0.13〜-2.78 mm)と比較して統計的差異はなかったが、数値的には低いままであった。


(図1)

(出典)McAuley HJC, et al. Longitudinal changes to quadriceps thickness

demonstrate acute sarcopenia following admission to hospital for an exacerbation of chronic respiratory disease

Thorax 2021; 76: 726–728.より一部改変


・入院中の大腿四頭筋サイズの絶対およびパーセンテージ変化は、ベースラインQに反比例した(絶対入院患者変化:係数-0.27、95%CI -0.43〜-0.12、p = 0.001;入院患者の変化率:係数-0.77、95%CI -1.40から–0.15、p = 0.016)。


・再入院の影響の調査:3ヶ月で、11人(20%)の患者が再入院した。Q変化は、3か月間に再入院した患者と再入院しなかった患者の間で有意に異なり(-3.53mm、95%CI -6.55〜-0.51、p = 0.022)、再入院した患者でQの継続的な喪失が観察された(15.0%の喪失)。


(図2)

(出典)McAuley HJC, et al. Longitudinal changes to quadriceps thickness

demonstrate acute sarcopenia following admission to hospital for an exacerbation of chronic respiratory disease

Thorax 2021; 76: 726–728.より一部改変



Q.入院による下肢筋力の低下とは?


・CRDの悪化のために入院すると、下肢の運動筋量が大幅に減少し、3か月経っても回復は限定的であった。その後にさらに再入院すると、ベースラインの筋肉量は回復不能の危険因子となる。


・筋肉量の減少は急速で、中央値の5日間の入院中に8.3%の筋肉の厚さの減少が発生した。この損失の大きさは、COPDの筋力トレーニングプログラムや、入院の影響を強調する廃用性萎縮の実験モデルの後に見られる増加に匹敵する。


・COPDの患者では、年齢を一致させた健康な集団よりも筋肉量が少なく、入院と死亡のリスクが最も高い患者の筋肉量が最も少なくなっている。


・このデータは、入院中の筋肉の喪失がベースラインの筋肉量に関係なく見られることを示しているが、筋肉量が最少量となった人でより顕著であり、この喪失を軽減するための治療法がすべての入院患者で必要である。


・骨格筋の筋力低下に対処するための現在の治療法は、主に退院後に実施されている。増悪後の呼吸リハビリテーションは非常に効果的で国際的に推奨されているが、実際に実施される症例は極めて限られている。




 COPDをはじめ、慢性呼吸器疾患では、増悪により入院すると、退院後には、日常の活動性が大きく低下する患者さんを多く診てきました。

 日常の診療では、できるだけ増悪を起こさない細かな目配りをした治療が必要であり、もし、入院となった場合には、早期から呼吸リハビリテーションを徹底して、下肢をはじめとする筋力低下ができるだけ低下しないような治療法でなければなりません。入院―安静の期間はできるだけ短期間にする必要があります。




参考文献:


1. McAuley HJC, et al. Longitudinal changes to quadriceps thickness

demonstrate acute sarcopenia following admission to hospital for an exacerbation of chronic respiratory disease

Thorax 2021; 76: 726–728.

doi:10.1136/thoraxjnl-2020-215949


※無断転載禁止

閲覧数:587回

最新記事

すべて表示

2022年10月11日 タバコは1543年(天文12年)、ポルトガルより鉄砲とともに種子島に伝来したといわれています。嗜好品の中で、タバコは酒と並んで古い歴史を持っています。1589年(天正17年)、九州から中国を経て北陸地方まで急速に広がった背景には文禄、慶長の役、関が原の戦いで、地方から集められた武士たちが帰郷するにあたり、極めて小粒でふところに入れ、持ち帰るのに便利なタバコの種を土産にしたの

2022年8月18日 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) は、階段や坂道で苦しくなり、数年にわたり、日常的に咳や痰が続くやっかいな病気です。有病率は国によって異なり、年齢とともに増加しますが、40 歳以上の約 10% が COPDを患っています。米国では、COPD は一貫して米国の死因の上位にランクされており、毎年 120,000 人以上が亡くなっています。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)

2022年8月1日 COPDはタバコ病という別名があるくらい喫煙習慣と密接に関係する疾患です。しかし、他方でCOPDの25~45%は喫煙習慣がない人たちに見られることも判明しています。近年の多くの研究成果から、COPDは、環境、ライフスタイル、および遺伝子型の相互作用から発症する複雑で不均一な疾患であるとされています。分子生物学の研究は進みましたが遺伝子型から説明できるのは一部に過ぎません。 シャ